不安がなくなるアドバイス

弁護士

妻と子供2人がいる私の悩みは、私が亡くなった時の遺産分割でした。しかし、法律事務を訪れて、弁護士を遺言執行者にも指名することができた私は、相続に関して悩む必要がなくなりました。遺産相続で悩んでいる人は、弁護士に相談することをおすすめします。

詳細を確認する...

遺産はトラブルの元になる

遺産は金銭とは限らない

裁判

相続に関するトラブルが増えています。法定相続人の持分の割合については民法によって規定があります。例えば妻と二人の息子が相続人の場合には、妻は亡くなった夫の遺産の2分の1を取得し子供は4分の1ずつを取得することになります。ですから亡くなった方の遺産が全て金銭であれば計算をして分ければ良いので問題はないのですが、遺産が全て金銭であるとは限らないのです。遺産は誰かに対する債権の場合もあれば不動産の場合もあります。その場合にどのように遺産を分けるかを話し合うことになりますが、その話し合いが決裂することもあります。その場合には最終的に家庭裁判所で解決をしてもらうことになりますが、その対策として弁護士に相談をする必要があります。弁護士に相談をすれば裁判で有利になるような助言を得ることができるからです。

遺言書を作成する

相続に関してトラブルにまで発展したら大変なことになります。特に親子、兄弟間でそういったトラブルを起こしてしまうとしこりが残ってしまい、絶縁状態になってしまう場合もあります。そのようなことにならないために、最近では遺産に関しての分割方法を遺言書に書いておく人がいます。遺言書に書いてしまえばその遺言通りに遺産分割がされるので、遺産に関するトラブルを未然に防ぐことができます。しかし遺言書の書き方は民法で明文化されており、書き方を間違えると無効となってしまいます。そのようなことにならないためにも、遺言書を書く場合には弁護士等に相談をしてその書き方について教えてもらうのが良いです。最近では遺言書の書き方について講習を行っている弁護士事務所もあるので、そういった講習に参加をするのが良いです。

対策と専門家への依頼

裁判

相続問題は非常に複雑な内容となっており、円滑な相続を行うためには法律の専門家である弁護士や税金問題の専門家である税理士などに相談して、十分な対策を講じておく必要があります。

詳細を確認する...

なぜ今対策なのか

裁判

近年稀に見る相続対策ブームにより弁護士への相談件数が増加しています。相続は誰にでも起こりうることであると同時に争いを防ぐという趣旨から、相談に訪れる年齢層も低くなってきています。このため現在のブームを経た後は我々の生活に定着すると思われます。

詳細を確認する...